オフィシャルサイトへ戻る


【ワキガ・多汗症】

img_1427

横浜院が移転する前に一度カウンセリングに来て相談しましたが、その時は勇気が出ず、今回再トライとなりました。 今回の施術を後押ししたのも、先生がQアンドAに「皮膚の弱い子でも出来ますか?」という質問で「皮膚の弱い子でも必ず傷口が治るまで面倒見ます」というようなことを書かれていたからです。私も皮膚が弱く、制汗剤のエタノールの成分で肌荒れしてしまうため使わなくても済むよう手術しようと思った位だったので、この言葉にとても勇気付けられました! 実際の施術前はドキドキしていましたが、腋の太い血管もきちんとエコーで見てくれていることがわかり安心しました。 カウンセラーさんも事務手続きやいろいろと時間をかけてしまったにも関わらず、「心配しないで大丈夫ですよ」と気持ちをほぐして下さいました。また、術後肌の弱いことを知って看護師さんが優しいテープを持ってきてくださり、全てのスタッフさんが、患者さんにとても親切でした。 これも、youtubeでもupされている朝礼にも分かる通り、竹田先生の信念や心を皆さんで共有されているからだと思います。人より少し傷口の面では先生にお時間をかけて申し訳ないですが、私自身は施術して本当良かったと思いました。 それはすでに術後48時間腋の周りを洗えなくても匂わなかったことで体感しています。私も同じ看護師として先生や看護師さんの患者さんへの接し方を見習おうと思います。どの日の看護師さんも言葉遣い、接し方とても丁寧で優しく素敵だなと思いました。 そして先生の朝礼の最後の「今日も安全第一でいきましょう」は患者側はとても安心します。ありがとうございました。</p>